• 200万円~
  • 全負荷
  • 単機能
  • 屋外
  • 10.1kWh~

ESS-U4X1

最大容量のフラッグシップモデル。
家庭で使う電気は、完全自給自足へ。

特長

  • 家庭用として最大容量
  • 全負荷&200Vに対応
  • 容量の30%を常時蓄電
  • V2Hシステムと自動連携

販売価格

  • 希望小売価格

    4,950,000 円(税込)

  • 工事費込みの特別価格

    2,100,000 円(税込)

    ※初期費用0円の分割支払いも可能

    57 % off!

仕様・寸法

型番ESS-U4X1
蓄電池容量16.6kWh
寸法幅1060mm×高さ1250mm×奥行300mm(突起部含まず)
質量236kg
設置場所屋外
使用環境温度範囲-10℃〜40℃
保証10年(有償でプラス5年)

特長

  • 家庭用として最大容量※1

    家庭用としては最大級の蓄電容量 16.6kWhと、たっぷり蓄えられる11.1kWhをラインアップしています。「もしも」の停電時には、しっかり電気を供給。家庭における標準的な家電を長時間にわたって使用できます。また、「いつも」の節電にも活用でき、太陽光発電と組み合わせることで電気の「家産家消」も目指せます。

  • 家まるごとバックアップする「全負荷」および「200V」対応※電気の使い過ぎにはご注意ください

    停電時に蓄電システムから給電する配線系統を選ばない「自動切替分電盤」で、家じゅうの部屋の電源をバックアップします。万が一停電しても、いつもと同様にどの部屋でも電気を使うことができて安心です。200VのエアコンやIH調理器も使うことが可能です。また、「重要負荷(非常時兼用)分電盤」にも対応しており、目的に合わせて選択できます。

  • 容量の30%を常時蓄電※2

    蓄電容量の30%を非常時のために常に蓄えておくことが可能。災害などにより急な停電が発生した場合でも、蓄電しておいた電気がしばらくの間使えるため安心です。

  • V2Hシステム(ニチコン製「EVパワー・ステーションⓇ」)と連携して、
    一歩進んだ暮らしを実現

    蓄電システムとV2Hシステム「EVパワー・ステーションⓇ」を併設して連携することが可能。太陽光で発電して余った電気を蓄電システムだけでなく電気自動車にも蓄えて、暮らしの中で効率良く使うことができます。また、停電時には蓄電システムとV2Hシステム(電気自動車からの給電)を合わせて最大9.0kVAの電気が家庭に給電でき、昼間であれば太陽光発電の電気も同時に供給できます。停電時、V2Hシステムの切替操作は不要です。

  • ※1 住宅用定置型単機能蓄電システムにおいて。2020 年12 月現在、ニチコン調べ。
  • ※2 工場出荷時30%の設定。お客さまが自由に設定することも可能です。

製品一覧に戻る